WordPress

未来サウンド〜不協和音の心地よさ〜

更新日:

Lines of the broken

 San holo  & DROELOE

San Holoと、そのSan Holoのレーベルで活動するDROELOE(ドルール)のLines of the Broken

フューチャーサウンド(未来を感じさせる音)と、チルアウト(静かめのメロディアスな音)の融合。 すでにエレクトロニック・サウンドの柱となるSan Holoらしさのある不協和音が魅力的。

混沌としてきた世の中のなかで、自分の足元を見ながら一歩一歩前へ。そんな雰囲気ただよう音に仕上がっています。

我々日本人は、今でも単一民族。差別も極めて少ない。

イギリス国内の白人同士ですら、階級によって言葉が通じない。イングランドの貴族の話す言葉をその他のUKの人たちは理解できない。

ビッグデータの本には、SNSにより差別が助長されたという結果がでていると最近の本で見ましたが、世界はよっぽどカオス。日本は急激な成長はないけど、これ以上安定した国はない。

一方で不安定さから生まれる存在の強さ、より洗練された存在の誕生、そういった側面もあるわけで。そんなことを考えさせられる音に仕上がっています。そしてこのドルールは、San Holoとは音楽性が異なることをこのあと言及しています。

ゆえになんだろうか。サウンド全般にただよう儚さのようなものは、そういった人間心理からくるものなのかもしれない。

ドルールはこの楽曲のあと、更に独自路線を付き進んで着実にレクトロニックサウンドの音楽シーンで確固たる地位を築きつつある。がんばってほしい。

-WordPress

Copyright© ヒバモン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.