ロングターム(長期的思考)がすべてである

ヒバモン

僕の大好きな千葉

千葉へいってなんとなく感じたこと

更新日:

千葉の人は明るくておしゃべり

今日、千葉へいきました。

みどり台という駅と西千葉駅です。

西千葉はカフェ激戦区なんだそうです。

 

 

そんな僕は、千葉に住んでいたことがあります。

当時は子供だったので気が付きませんでしたが、

千葉の人って、全般的に明るくておしゃべり好きです。

かなり顕著です。

 

「千葉にだっていろいろな人がいるだろう。暗い人だっているよ。」

 

って言う人もいると思いますが、

それでも千葉の人はよくしゃべる。

だから大好きです。

 

僕の大好きな岩手県と、

僕の大好きな長崎とでは、

やっぱり違うと思うわけです。

だから千葉と東京の違いだってあるのです。

東京だって、東と、西と、多摩八王子じゃ、ぜーーんっぜんちがいますから。

 

 

で、千葉の人は明るくてよくしゃべるので大好きです。

東京の東側の人もよくしゃべりますが、

それとまた違います。

 

千葉の人に「千葉の人明るくていいですね。」っていうと、

必ずと言っていいほど、

「千葉の人は怠け者だから」って

皆さんおっしゃるのです。

 

その理由は、海も山も畑もあって、温暖で、災害にも見舞われたことがなくて、だから頑張らなくても生きていける。

ゆえに怠け者なんだそうです。

 

でもそれって、恵まれているってことですよね。

ゆえにのんびりしている。

つまり、余裕があるということで。

めちゃめちゃ良いことだと思います。

特に2010年過ぎてから、圧倒的にそういう流れに有ると思うのです。

とにかく、

怠け者なのじゃなくて、余裕があるのです。

 

ZOZOタウンの社長が千葉を、みどり台を選んだ理由、僕はちょっと先にわかっていたかも。

やばい。

上から目線ですね。

僕のほうが先にしっていたとか。

居るんですよ。

「僕のほうが先にわかっていたよ!」っていう自慢をする人。

ここにいます。

みどり台、結構良いぞ!って

確かに思っていました。

でも、いざ何億円の自宅を建てる、本社を作るとなると、実際にそうしたか。

しなかっただろうな。

周りへの影響を考えて、もっと成田とかへ行ったかな。

社員の利便性を考えて津田沼にしたかな。

みどり台は穴場で良いけれど、自分ならあそこまで大きなうちを建てる思い切り無かったときがします。

さすがそこはZOZOの社長。

「秀吉みたいな人」だから、ガン!とやっちゃいましたね。

あの社長の顔、どうしても秀吉見えてしまうんです。

生まれ変わりじゃないですかね。

みどり台は千葉大学の有る駅。これから発展する兆し!

京成電鉄のみどり台駅があります。

このみどり台駅が、いいんです。

めちゃめちゃ味があっていいんです。

千葉大があるのは西千葉駅ですが、

京成ならみどり台です。

たぶん昔は、くろすな駅と言いました。

今までに5回、地名がかわっているそうです。

昔はお屋敷町だったとか。

 

そして、

ZOZOタウンの社長の建築中のお家がある駅でもあります。

ロータリーには1億円かけてつくったLOVEのオブジェもあります。

 

1つしかないスーパーを買い取って、

今は更地になって、

なんか工事していました。

4ヶ月ぶりにきてみたら、工事していたので、こっから先は早そうです。

もちろん他に用事あったので、そのついでですよ。

わざわざチェックしに来ていませんから!

 

スーパーなくなって不便だって地元の方は言っていたので、

地域にも貢献するようなものが出来ると思うのですが。

たのしみだな。

めちゃくちゃ広いので、本社機能の一部を移転してくるらしいですが、

まさか社員だけしか使えないものをあそこに作るとは思えないなぁ。

 

さて、そのみどり台駅には、ものづくり工房みたいなのもあります。

僕の法政の友達の友達が参加してつくったらしいのですが、

子どもたちにArduinoみたいなのをつかった工作とか

3Dプリンターでなんか創るとか、教えているっぽいです。

外からあえて丸見えにしていて、

昨日はお姉さんが何かを加工している様子でした。

なんか やってることが新しい!

みどり台は古くて新しい街。

これから今までになかった素敵なものがどんどん出来てくる予感がしました。

 

 

カフェとかお店にホームページがない。無くても良い!

 

千葉にも焙煎屋さんが増えてきたみたいで

その内の1件に入りました。

 

とってもコーヒー美味しかったです。

100%アラビカ種で、自家焙煎、ハンドドリップで300円(税込)

 

お店には他店のショップカードが並んでいました。

 

僕はそういうの好きなので、幾つかいただいてきました。

千葉にも素敵なお店がいっぱいあるなーとおもいつつ、5枚ほど。

 

5つのカフェのショップカードを見てみたのですが、

ホームページがありませんでした。

かろうじて、1つだけ、インスタとFBページが有るだけでした。

グラフィックデザイナーさんは、ホームページもってらっしゃいましたが、二行しかかいてありませんでした。

デザイン事務所の名前と、お問い合わせ だけでした。

シンプルで良いです!

 

僕はよくIT勉強会へ行っていました。

どのデザイナーさんもホームページはもちろん持っていて、

ソレが良く出来ていました。

その他にもWebサービスやら、子育てサイトなどをやっているひともいました。

一帯つ仕事しているの?

的な。

 

僕は西荻にお店があったので、あの界隈のショップさんたちをおおよそ知っていました。

50代のおばさまお一人のお店はさすがにホームページ無いのが普通でした。

若い人のお店や、カフェ、ホームページが無いっていうのは、皆無というか、

なくはなかったけど、その場合はブログをかなり頑張っていました。

だから、結構びっくりしました。

あとで5個のカフェのホームページをみて、雰囲気つかもうと思っていたのですが、これは面白い驚きでした。

それとも、今のはやりなのでしょうか。

オレは老害か??

 

 

若者が、

「レーベルやろうぜ!」

ってなると、

じゃあホームページどうする?ってなったりするのを聞いていたので、

やっぱこの辺も、東京の人(たとえ地方から出てきてても東京の人です)と、

僕の大好きな千葉とでは、時間のスピードが違う気がしました。

なんかいいなぁ。

めちゃ良いなあ。

 

個人的にはホームページは

あってもなくてもいいんです。

千葉は、成田山もあれば、香取神宮もあります。

神様仏様に守られた豊かな土地なので、

ホームページごときで、商売がどうにかなることはないわけですから。

 

本気で千葉移住を考えていて、奥さんを洗脳中です。

こんなのんびりしたところで、のんびりと仕事してみたいものです。

 

これからは千葉の京成の時代です!!

-僕の大好きな千葉
-

Copyright© ヒバモン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.