お役立ち ビジネス

稼ぐことに抵抗のある人は、このあたりの本を読むといいかもしれない。そしてネットショップは、自分を成長させてくれるツールですという話。

投稿日:

理由はどうあれ、私はお金を稼ぐことに心の抵抗がありました。
ごく普通に生きてきた私がそうだったのですから、他にもそういう方がいらっしゃるかもしれません。
だから今回は、お金を稼ぐことに抵抗のあった私が良書だと思った本をご紹介したいと思います。
 
それにしてもよく今までネットショップをやってきたものです。
お店のお客様にはお坊さんも多いのですが、以前来店くださった高名なお坊様が色々なことを教えて下さいました。
その最後に思い切って訪ねてみました。「お金を稼ぐことは良いことですか?」と。
そのお坊さんは、「大いに儲けなさい」とおっしゃってくださいました。
嬉しかったです。
でも!
それからさらにあと数年、私はお金を稼ぐことの意味をもんもんと考えながら過ごすことになります。
 
でも人は必ず変われます。
私は今まで他にも、絶対的な価値観を変えてきました。この1年でもそうです。だから人は絶対に変われるのです。
 
必要は発明の母という言葉が好きです。
人は本当に追い詰められると馬鹿力のみならず、思わぬ意識の変化も生まれます。
必然性から、必要なタイミングでかならず人は変われます。そう信じているからこそ、毎日なにかしらの問題を解決しようとしているのですが。。。
 
さてそのお金についてですが、最初に影響を与えられたのは近江商人の考え方です。
近江商人の本は色々ありますが、結構古い文体で難しい物もあるので、そのあたりを現代風にわかりやすく解説してくれている本をご紹介いたします。

「商いで成功した江戸商人 ビジネスで苦しむ現代人」


 
ないような江戸時代の商人道についてです。
著者の方の詳しい解説がついていますので大変わかり易いです。

私をとても納得させてくれた3つの言葉

「徳」を積むことは、「得」がたまることと同じ
「経営」という言葉には本来、「人間性を高める」という意味がある
「祈り」が幸運を呼び込む
 
詳しくは本書をご覧頂きたいのですが、どれもしっくりきました。
特に3つ目の祈りについては、私は以前は考えたこともなかったです。
この祈りは、何も怪しいものではなくて、朝早く起きてご先祖様にご挨拶するという、なんと基本的な!
松下幸之助さんも成功の秘訣を聞かれて「運」と答えたそうですが、この「運」こそ祈りから来ると書いてありました。
 
他にも江戸時代の商いについての本は結構ありまして、これがまた面白いのですが、とりあえず「お金を稼ぐことってどういうこと?」とか、「お金を稼ぐことはいいことなの?」なんてことを考えている人には良い本だと思います。
そんなこと考えている暇な人はあまりいないかもしれないですが。
 
 
あと1冊

もとエリート都市銀行マンが僧侶となって教えてくれる「禅とお金」の本


 
都市銀のエリートでもお金を稼ぐことで悩むんですね。知りませんでした。(笑)
金利を得ることに対する罪悪感がその根源だったそうです。
本の中では「お金がエネルギーである」ことを説明してあります。
これはかなり納得しました。
農家がお米を作るとき、田んぼを耕すトラクターの、その部品を作る鉄は、土からでてきたもので、それは過去地球が作ってきたもので、全てがエネルギーの塊。それらのエネルギーを使って作られたお米で得られるお金は、使った全てのエネルギーと等価であるとのことです。
また、全ての起点が「正しく稼ぐ」だとあります。
 
これ以上納得させてくれる言葉はないかもしれません。
 
お金を稼ぐということは、とかくお金にフォーカスするものだと思っていましたが、実は、徳を積んだり、使わせてもらえるエネルギーに感謝したり、お客様を、ひいては人をできるだけ喜ばせることに最大限の努力をしたり。
まるでお金を見ていません。
これなら出来ます。
がんばれます。
とまあ、そんな感じで私は克服していきました。
そうしたら、仕事が全て楽しくなったのです。
 
過去に、売上だけ追ったことがありました。
無事達成して社員と喜びました。
でも!
あれほど苦痛を感じたことはありませんでした。 楽しくなかったのです。
今は、楽しいです。

ネットショップとは、自分を成長させてくれるシステムですっ。

ネットショップは、お金儲けのシステムではありません。
自分を成長させるツールです。
感謝することの大切さを教えてくれるツール。
そして人を喜ばせるツールです。
 
私は自分のお店を10年やってきて、それで食べさせてもらってきましたが、失敗の連続でした。
そして人に助けられるばかりで、人を助けてきませんでした。
この比重を圧倒的に逆にしたいと今は強く思っています。
 
そう思うところまで成長、これを成長と読んでも良いと思うのですが、成長させてくれたのがそもそも僕にはこのネットショップというものでした。
だからネットショップそのものにも感謝ですね!
 
ありがとうございます!
 
 
 

-お役立ち, ビジネス
-, , ,

Copyright© ヒバモン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.