「日本のイノベーション力、急速に低下 科技白書 4位から9位へ」

日本
日本

このニュースを読んで、かなりショックだったので、書かずには居られなかった今日。

日本のイノベーション力、急速に低下 科技白書

 

こうなる予兆はずっとあった。

研究者レベルの話だから、我々一般人には関係ない。

そう思う人もいるかもしれない。

そうではないことは、今後もっとこの科学技術力が下がることで、関連性が明白になってくるだろうな。

企業のグロスの時価総額で順位とったら今は何位なんだろう。

 

しかし、カナダやオーストラリアより下ってのはショックだ。

カナダの人口は3900万人

オーストラリアに限っては2400万人しかいない。

ここに論文数で抜かれたわけだ。

日本は東京を中心とした関東圏で4000万人です。

 

大学は、就職予備校なんだね。

未だに。

今の若者の親のせいだとしか思えない。

自分が親だからわかる。

40代50代の親があまりに古い価値観を若者に押し付けている。

しかも日大の内田さんのように、自分が間違った価値観を持っているとは全く思ってない。

だから俺は、内田さんを責める気にまったくならない。

それどころかナゼ世間はあそこまで内田さんを追い込むのかわからない。

おそらく、自分と似た存在だから苛立つのだろうと思っているよ。

 

40代、50代の親は、もう少しネットくらい使いなと言いたい。

せめてHTMLだけでもいいから、やってみなと。

ネットの仕組みくらい知ってほしい。

HTMLに何の意味が?って思う人は、すでに老害。

今の印刷技術が、そっくりそのままHTML5に変わっていく過渡期だからわからないだけで、昔の活版印刷のように、超レアな技術になると思ってる。

今の印刷技術がね。

こうしたことにはずみがつかないのは、インフラがまだ中途半端だから。

2020年で整う。

 

先日、40代の知人たちと話してたら、自動運転が20年後といっていた。

その翌日、京王線の新車両にのっていた6歳の男の子とは、

この新車両の次に出る新車両は自動運転なんだよ。

と真顔で言っていた。

 

こうした夢を潰すのは老害の40代親じゃないのかな。

是非いまの30代は老害40代にならないように、基礎でいいからプログラミング勉強しましょう。

 

 

昔は国力の強さは人口の多さだった。

 

長く、兵隊の多い国が一番強かった。

そして産業革命以後は、人口の多さは労働力に直結した。

日本は1億の人口を抱えた上に、教育システムが早くから確立していたので、お隣の中国よりもずっとはやく科学技術で成果をだしてきた。

当然国力も、比類なきものになった。

パワーバランスの根幹が180度変化しているのが今。

人口の多さはリスクになりそうな時代。

 

今の時代は、人口の多さ=国力 にはならない。

 

インターネットがその幸先を切ったけど、

今はそんな時代じゃない。

IBMのワトソンを、僕も、貴方も、そのへんの中学生ですら使える時代。

書けばきりないけど、中国アリババがワトソンと同等のものを作るんだろう。

ソフトバンクはわかっている。

 

多くの日本人は知らない。

2020年以降がものすごく楽しみだが、

2020年以降の日本の国力低下は凄まじい気がしてならない。

 

今日のこのニュースを見るまでは、そこまでは思っていなかった。

 

それこそ、底力とかあるとおもっていた。

 

でももう、厳しいのかも。

 

さっきこの記事読んで、新幹線の大事件くらいショックを受けたので、ちょっと書いてみました。

 

救いは、自分も今からPythonだとおもってRuby勉強始めてるし(なんのこっちゃ)、友達(32歳)に昨日あったら、骨董屋さんなのにPythonやろうと思っているって言ってたことかな。

 

俺ら一般ピープルが、40だろうが50だろうが、RubyでもPythonでもSwiftでもいいから勉強始めて、何かつくるところからスタートだよ。

 

どうしてこうなった

だな。

国は個人の集合体だから、とりあえず俺がんばる。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です