Blog運営

ブログを1ヶ月書いてわかったことを書いてみる。

投稿日:

約7本

これまでに挫折したブログの本数です。
その7つのブログの目的やテーマは、それぞれ違っていました。

  • お店のためのブログ
  • アウトプットの練習のため。自分のために書いたブログ。
  • 好きな音楽とか、興味あることだけ書いたブログ
  • その時かかえていた不満だけを書いたブログ
  • 婚活記録をつづったブログ
  • テック系のネタ中心のブログ
  • 何でもブログ

こんなかんじでしょうか。
5本書いて終わったブログもあれば、1年続いたブログも有ります。
とにかく挫折しました。
1年続いたものは、毎日は書いていません。1ヶ月に3本とかです。
今回、初めて1ヶ月ちょっと、毎日ブログを書くことが出来ました。
 

なぜ7回の挫折のあと、ブログを1ヶ月毎日書けたのか。

イケダハヤトの「武器としての書く技術」を読んだから
というのはウソですが、
あの本おもしろいです。
僕もこんな面白おかしく文章を書きたいと思っていました。
それでブログを始めたのがこのブログ。 ヒバモンです。
でも案の定、1週間に1本になってみたり、1ヶ月書かなかったり。
それが突然、1ヶ月毎日書けたわけです。
しかも楽しく書けました。
何故今回は、1ヶ月毎日、しかも楽しく書けたかというと、
「人を楽しませたい」と思ったから。
だと思います。
だと思うのは、そういう風に、「人を喜ばせよう」とおもって書いたからではなくて、1ヶ月終わってみて自己分析した結果でた答えです。
 
実は今年になって、中2イズム というサイトを運営している方と知り合いました。
動画紹介サイトで、とても面白いブログメディアでした。
その方に、メディアのおもしろさとか、運営の話を聞いて、とても楽しそうだと思いました。
たぶん、それが一番大きいかもです。
下北で、部室/BUSHITSU というコワーキングスペースを運営しています。
 

挫折していた頃のブログは、自己鍛錬の道具でしかなかった

僕が前にブログを書いていた時。
それは、ある種の自己鍛錬。
ブログという名のトレーニングでした。
ブログを書くということ自体が目的でありゴールです。
でもそれ、書いた先に何もない。
達成感とか、よくて文章がうまくなった。
いや、文章うまくなったならいいかもしれないが、そもそも続かなかった時の挫折のほうが残りそう。
今ならわかるけど、ブログ書くという目的の先に、ゴールが欲しい。
 
トレーニング系、マッチョ系ブログは、書くことにパワーを要します。
だからテーマぶれぶれ。
今日は足を中心に鍛えるか。みたいなのと同じです。
そして自分で読んでも面白く無いわけですね。
これじゃあ続くはずありません。
体のトレーニングのほうが鏡見て自己満足に浸れますからずっと意味ありそうです。
 

中2イズムの人に言われたこと。「ブログは毎日書いた方がいいよ」

あたりまえすぎて、
何言っちゃってるのっていう感じ。
 
しかし人って不思議だわ。
その人に、「毎日書くのは基本」 と言われるまでは、
まあ、週に2本〜3本かけばいいよね。(根拠なし)
と本気で思っていました。
だから聞いたんですね。
「今僕もブログ書いています。週に2〜3本でいいですよね。」
そうしたら中2イズムさんは優しく「う〜ん」って考えるようにして
「一応毎日書くのが基本って言われているから、書いたほうがいいかもしれないですねぇ。」
と。
それからですね。
よし!
俺もやる!
明日から毎日書く!
となったのは。
ちなみに中2イズムさんが1日5本でおどろいていたら、そこのコワーキングスペースにくる方は、10本/日 だそうです。
orz...
 

1ヶ月書いてみてわかったこと。ブログを書くということは、お金儲けと同じだ

よし俺もやる!!
とおもったのは、「俺も面白い動画紹介する!」 だったんです。
本当は。
でもなんか、動画専用のブログじゃないし、動画も混ぜながらやるかと思って。
とにかく誰かが喜んだり、笑ったり、泣いたり、感動したり、そういうのがあればいいなと。
実際僕は、今まで本当に数多くのブログに助けられてきました。
世の中のたくさんあるブログに僕は助けられてきたんだって、そこで初めて気がついたんですね。
そういう心の動きも、今回はあったと思います。

どうやったら喜ばれるか考えていたら、これはお金儲けの思考と同じだなと思いました

 
「何を書いたら人は喜んでくれるのか」
今回はとにかくこれを考えていました。
文章で喜ばせることが難しいから、動画で喜ばせたい!とも思いましたが、ヒバモンを続けてみようと思ったので、動画もまぜながら文章書いています。
できるだけ役立つようなことを。
できるだけ「楽しいと思われるようなこと」
「どうやったら読んでもらえるかなぁ。」
これを毎日考えていたら、
これって、もしかしてお金儲けの本来の発想では?
と思いました。
近江商品も言っています。
「徳」をつむことは、「徳」をためることを同じ
楽しませるために、誰かの役に立つために、一所懸命考えて、伝えようと努力して書くことは、たぶん「徳」をつむことになるのではないかと思い始めています。
私は今まで多くのブログに助けられてきましたが、そのブログの著者達に、初めて偉大なる尊敬の念と感謝の気持ちが出てきました。
 
ブロガーというか、長年自分の知識を書き続けている人って、思っていた以上に凄いことをしている人たちなんだなと。
 

今後

今後は、まだ見ぬ読者さんへリーチするために、TwitterやFacebookなどのソーシャルを使っていこうと思います。
中2イズムさんの指導通り、できればFacebookページもつくりたいところです。
そして昨日は、改めてTwitter はじめました。
僕はTwitterの極初期のユーザーなので、何年も前にオワコンでしたが、ゼロスタートのアカウントで初心者からスタートです。
@hibamon
 
ヒバモンノツイッター
フォローよろしくお願いします!
 
 

-Blog運営
-

Copyright© ヒバモン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.