WordPress ネットショップ運営の話

ネットショップやるなら「集客」は気にしてはいけない理由。

投稿日:

西荻緑
こんにちは。
ネットショップを11年続けてきた三浦こと三浦です。
今日は手短になります。
自分への備忘録もかねて。
ネットショップを長年見続け、また自分でも運営してきました。
この10数年の間、ネットショップの環境は大きく変化してきました。
なかでも、ネットユーザー数の増加と、デバイスの多様化がその最も大きな原因です。
ただ今回は変化の大きかった部分ではなく、変わらなかった部分についてお話します。
 

集客より売上。売上より利益の理由。

 
毎日のように誰かがネットショップの運営に乗り出したり、または検討している話を聞きます。
そして一様に「集客」について頭を悩ませます。
でも集客は、後からついてくるものです。
これはネットショップを複数運営していて、揺るがなかった結論です。
自転車のフレームを売ろうが、LUSHも使う炭のミクロンのパウダーを売ろうが、火鉢を売ろうがかわりません。
紅茶だろうが、はちみつだろうが、これは変わらない真理です。
 
もちろん、未来のことはわかりませんが、でも恐らく変わらないと思います。
 
もちろん、初期投資の大きな大手は、集客ありきでスタートして良いと思います。
そもそも体力が違います。
でも中小企業や個人は、広告費に1000万円は中々かけられません。
Adwords広告に300キーワードを普通に出す会社と、張り合えるはずがありません。
 
ならばどうするか?
これらを取り敢えず全てやらないと仮定します。
 
つまり、広告費は人をあつめる手段です。
集客が目的です。
 
でもいいのです。
集客はあとからついてくるので、今はとりあえず1つでもいいから、「欲しい!」と思っていただき、購入していただくことです。
 
大手でもその積み重ねだと思うのですが、ならば大手以外は全てそこに最も尽力すべきです。
集客をもししたいのなら、かなりテクニカルな手法が求められます。
個人的にイチバンお勧めなのはFacebook広告ですが、それでもやはり「欲しい」と思ってもらえるお店というコンテンツが無いと、形ばかりの集客しか出来ません。
 
であれば集客を気にするよりも、売上です。
毎日のアクセウ数が30しかなくても、商品がたったの2つしかなくても、売上週十万円になることはよくあることです。
毎日のアクセス数が30しかなくても、月商500万円をゆうに超え、1000万円までいったケースも有ります。
しかも商品は10数点しかなく、炭化も数千円でもです。
 
詳細はまたいずれ、事例として公表してみたいとおもいますが、今回これについて書いたのは、最近またよくネットショップの話を伺うからです。
ところが皆さんどうやって拡散しようかとか、集客しようか、そこでイチバン悩んでしまって、前に進まないことがあまりに多いからです。
どうやって人を集めたらたらいいのか?
 
私もこれから新しいネットショップを1〜2つつくろうと思いますが、簡単に人を集める方法は炎上以外では思いつきません。(苦笑)
先のFacebook広告は、今一番費用対効果が高いのでやると思いますが、でもそれはあくまで補足です。(補足にしてはかなり強力な手段なのは事実ですが)
 
それよりも、最初に自分がお店をやりたい! と思った時に、頭で想像したイメージをできるだけ明確にして、それを表現することに力を入れたほうが良いです。 目指す姿を具現化するための努力と結果があって初めて、Facebook広告が最大限の効果を発揮してくれると思います。
 
先のアクセス数少ないお店でも売れるお店に共通していえるのは、「このお店なら間違いない」と思われていることです。
そこには、老舗企業にある信用度などは関係ありません。
 
信用度は、売れてからつくるものです。
最初に必要なのは、「ここのが欲しい」と思ってもらえることです。
 
それがネットショップにとって最も大事なことになります。
それを作り出すことにイチバン力を入れたほうが、売上につながり、利益につながり、結果として人が集まってきます。
 
人を集める方法も、ネット上の拡散だけだと思っていませんか?
 
なにもネットだからって、すべてネット上で拡散するわけではありません。
いまもやっぱりリアルの口コミは強いのです。
その口コミを生み出すのは、貴方のお店が醸し出す「たのしさ」かもしれないし、「おしゃれさ」かもしれないし、「幸せな感じ」かもしれません。 お客様の琴線に触れれば、かならず反応してくれます。
でもお店が、普通のネットショップだと、まず何も起きません。
 
最近もお友達がお店のサイトをリニューアルしました。
WordPressをつかって満を持したのですが、今までと何変わらないどころか、数ヶ月で売上が下がってきているそうです。
BASEを使おうが、ワードプレスにどのショッピングカートを入れようが、カラーミーを使おうが、売れないものは売れません。売れないので人も集まりません。
 
なお、写真なしの文章だけでも、究極的にはものの販売は可能です。
過去二度実験をしました。
 
そのくらい人は、「この人の言うことなら間違いない」を求めています。
 
「この人の言うことなら間違いない」を創りだすのはネット上の技術ではありません。Web会社でもありません。 あなたです。
 
というわけで、時間の関係で若干抽象的になってしまったかもしれませんが、今日発作的に書きたくなったことを書いてみました。
 
ネットショップのご相談はもちろん、Webサイトのご相談もお待ちしております。
 
今日も最後まで読んでくださって、本当にありがとう!
 
 

-WordPress, ネットショップ運営の話
-

Copyright© ヒバモン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.