ロングターム思考が全てである

ヒバモン

雑記

おっさんが孤独なたった1つの理由と、孤独にならないたった1つの方法

投稿日:

ネットのご意見番に相当する「やまもといちろう」という人がいます。

知っている人はしっているし、知らない人は全く知らない。

その温度差が、リアルとネットではっきり分かれるのが、ネットのご意見番のご意見番たる所以ですが、テレビにも出てるかな。

ときに、アラサーが糸井重里を知らないのは時代の流れってことですかね。

 

その「やまもといちろう」さん

文春オンラインでおっさんネタの記事を書き連ねています。

その1つについて、書いてみたいと思いました。

なぜ日本のおじさんは「世界一孤独」なのか?

『世界一孤独な日本のオジサン』著者が示す衝撃的データ

http://bunshun.jp/articles/-/6460

 

記事の中では

「孤独に耐えろ」は「水を飲まずに我慢しろ」と同じくらい残酷

そして孤独には、コミュニティーと、コミュニケーションの2つが欠如している。

と続きます。

もちろん現実問題、孤独なおじさんが世界一多いということで、

おじさんがどういう環境におかれているかを説明したものなので、その通りなのです。

 

でもこれでは解決にならないのと、

そもそも孤独の問題を抱えているのは、孤独なおっさん自身だからです。

 

孤独の起こる原因

孤独というのは心が感じることです。

そして心が何を感じているかと言うと、

欠乏を感じています。

何がほしいのか。

人からの自分への関心が欲しい。

つまり、愛が欲しいのです。

他人から受ける優しさ、尊敬、親しみ、なんでもいいですが、一言でいえば愛です。

抽象的だと言う人もいるでしょうが、

これほど抽象度の高いものは無いのです。

この愛という概念を頭で理解できるのは人間だけです。

ただ手で触ることができないだけで、

この「愛」を自分が受けていないと感じると、人は孤独を感じます。

ま、うちの猫も僕が3日家をあけたとき、死ぬほど寂しそうに外を歩いていましたが。。。

 

孤独にならないたった1つの方法

押してだめなら引いてみな。

孤独を感じるときは、

愛を受けたり無いのではなくて、

他人に愛を与えていない。

それに付きるのです。

自分にしてほしいことは、先にせよ

 

昔から言うじゃないですか。

 

現代に生きるオジサンのための、他人に愛を伝える方法

まちがっても愛してる。

なんて言っちゃいけません。

言わないか。

別に目の前の人に愛を伝えなくても良いんです。

小さなものも大事にしている人は、そういう優しいオーラがでますから。

 

たとえば道端に咲いているお花。

かわいいなとか、幸せだな。

と感じるだけでも愛を伝えたことになります。

なんか寂しい中年みたい?

情けない?

そんなことないです。

人が、怖くて、偉そうなおじさんと、

道端のお花みても「今日もいいことあったなぁ」とニコニコ出来るおじさんと、

どちらがましですかね。

「好き」となってもらうにはなかなか修業が必要だとおもいますのでまずは

「怖がられない」「避けられない」[普通にニコニコ挨拶しもらう」だけでも、きっと今ほど孤独を感じないです。

他には

褒める

ありがとう を言う

とか。

 

トイレ掃除をしている人がいたら、一言「いつもありがとうございます」と言う。

タクシーに乗ったら、運転手さんを褒める。

どこを褒めていいかわからないとしたら、

結構やばいですよ。

むしろ。

つまりそんだけ、人を褒めないできた。

もしかしたら、人のあら捜しばかりやって生きてきた可能性すらあります

それで他人から理解や称賛を得たいと思っても、まあ無理ゲーじゃないでしょうか。

 

 

このように、他人に愛を伝える、与える(っていいかたもあれですが)方法はいくらでもあります。

どこかの小さなお店にはいったら、「良いお店だね」とか、「美味しかったよ」とかニコニコつたえるだけで、一気に孤独なおじさんではなくなります。

なぜなら、褒められたら向こうもなにか話してくるからです。

相手の「話したい」、「伝えたい」という思いは、貴方の気持ちへの返答みたいなものです。

この気持の返答を受けて、孤独に人はむしろなれないです。

 

日本のオジサンは世界一「愛」が無いのか?

こうしたことがもし欠けていて、それで孤独なのなら

『世界一孤独な日本のオジサン』は

『世界一、愛のないオジサン』

とも言いかえられちゃうかもしれないです。

それではあまりに悲しい。

人生さびしいじゃないですか。

 

中には、自分がされてもいないことを、したくない。

とか、

昔はもっと厳しかったとか、オジサン故にいいそうですが、

自分がされたことを、他人にもするのは、知性がなさすぎます。

自分の世代がされてきたこと、経験したことを、他人や、ましてや若者にたいして行うのは、あまりに知性がなさすぎますね。

 

日本のオジサンが、世界一愛に溢れたオジサンになれるといいなとおもって書いてみました。

 

元記事で問題提起してくれた「やまもといちろう」さんと、

その記事を公開してくれている文春オンラインさんに感謝です。

また、自分のこんな稚拙な文章を読んでくださった方にも感謝です。

有難うございました!

 

 

-雑記
-

Copyright© ヒバモン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.