ネットショップ運営の話

カラーミーショップで作られたと思えない、素敵なネットショップ2選

投稿日:

こんにちは。
ヒバモンです。
本当は今日のお題目を、「カラーミーショップ、BASE、おちゃのこネット、STORE、BIND、、、 ネットショップはどれを使えばいいの?」
にしようとおもっていたのですが、時間がなくなってきたので手短に
「カラーミーショップで作られた、なかなか素敵なネットショップ(しかも売れている!)を2つ」
をご紹介したいと思います。
 

1つ目はHIGASHIYA です。

昔は中目黒にありました。
看板の無い、オシャレでクールな和菓子屋さんです。
もともと古いクリーニング屋さんをリノベした店舗はとても素敵で、2Fではお漬物定食をいただくことができました。
近所で和食ダイニングをやっていたデザイン会社が始めた和菓子屋さん。
今ではもう青山・銀座などに店舗がある高級和菓子屋さんになりました。
そのHIGASHIYAのオンライショップは当初よりカラーミーです。
hibashiya
カラーミーでよくここまで出来るなと思ってしまいます。
でもカラーミーは中身の管理画面などとても見やすいんですよね。
私はその点はすごく好きなのです。
とにかく綺麗なサイトです。
コンテンツそのものの和菓子がブランディグかされているのもありますが、写真がとにかく素敵です。 さすがデザインのプロ集団のお店だけあります。
他にも立役者となるキーパーソンがいらっしゃるのですが、あまり書くとまた面倒なことになるのでやめておきます。(笑)
ちなみにお新香の定食は、すっごくお洒落で美味しかったです!!
 

2つ目は、北欧暮らしの道具店

クラシコムさんの運営する北欧雑貨のお店。
こちらは、カラーミー全ショップの中でトップの売り上げだと思います。月照2,500万円以上あると物流新聞かなにかに書いてありましたが、今はもっとあると思います。
 
以前、国立にお店がありました。北口の静かな通りをまっすぐいって、入ったところで、とてもここちの良いお店だったのを覚えています。
ご兄弟で運営されていますが、今では新卒採用もあるほど大きな規模の会社になりました。
こちらも当初よりカラーミーを使っています。
北欧暮らしの道具店
 
以前は楽天店もありました。
この記事を書いた翌日、Wantedlyの会社紹介で「北欧暮らしの雑貨店」が紹介されていました。

18時で全員退社、それでも160%の業績を上げ続けるECサイト「北欧、暮らしの道具店」のクラシコムにみる働き方

そして中にいいことが書かれていました。

商品や暮らし方、文章を通じて、「人に影響を与える」仕事をしているわけです。だからこそ、私たちは「一番影響を受ける人」でないといけないのだとスタッフによく伝えています。自分がどういうことに惹かれるのか、どういうときについ行動に移してしまうのかを振り返ってみると、そのままコンテンツとして使えることも多いんです。

 
すごく勉強になります。
ネットショップはものを売るのが仕事ではありますが、それは結果であって、本来の仕事は「伝えること」だと思います。
それを彼らはより深い洞察で自分たちの仕事を捉えています。
「人に影響を与える仕事」
本当にそのとおりだと思います。そしてそのために自分をもっと知り、それがコンテンツとなる。ということです。
素晴らしいですね。
 
ここのお店のブログは昔から面白かったです。読んでいてワクワクするのです。
また今も覚えていますが、ご兄弟で都内のホテルに泊まり、事業構想をねった話や、2度めの大きな借り入れをした話までもがのっていました。
それを読んだ時、私もお店の人たちと「よくこんなことまで書けるね〜」と言っていました。
でもその根底には、他から影響を受けない、自分たちがどうであるか、どう感じるか。みたいなものを、純粋に追い求めた結果だったのでしょうね。
他にも、

「フィットする暮らし、つくろう」というビジョン。そしてそれを支える「自由・平和・希望」という思想。

 
についても書いてあります。
自由は、自分たちのやりたいことをやれる土壌をつくること。平和は、不要な価格競争に巻き込まれないこと。希望は、今日より明日。明日より来年。だそうです。 この辺は、これからネットショップを始める人も、すでに始めている人も、参考にしたくなるような考え方かもしれません。
今回この記事を書いていて、一番勉強になったのは私でした。
 
次回は自分の反省を込めた記事でも書こうかと思ったくらいです。
 

カラーミーのメリットとデメリット

さて、本題はカラーミーの話でした。
カラーミーは初期費用も、毎月の費用も安いです。また、管理画面もとてもわかりやすく、扱いやすいです。
私は主な数社のネットショップ管理システムしかしりませんが、一番良くてきていると思いました。
 
昨日この記事を書いた時は、カラーミーといえども学習コストがかかるよ。という話で終わったのですが、それでも自分でワードプレスを入れて動かすよりも簡単です。
クラシコムも、カラーミーの掲示板でかなり込み入った質問をして、大量のREがついたスレッドが立っていたことがあります。何を使っても学習しないとお店は出来ませんが、カラーミーはよくも悪くも必要以上の機能はついていないので、それがかえって商売に専念できて良いかもしれません。
というわけで、今日の締めは、クラシコムの記事はとても参考になった。カラーミーいいかも!
 
でした。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
※最後はワードプレス最強説へ持って行きたかったのですが無理でした。(笑)

-ネットショップ運営の話
-, ,

Copyright© ヒバモン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.