WordPress

海外レンタルサーバー選び。海外向けWebサービス作る準備、その1

投稿日:

こんにちは。
アクセスが伸び悩み中のヒバモンです。
今日も近所の山へ探検に行きました。
行ったことのない道の1つ。先へと進んでみましたが、途中怖くて戻ってきました。
何故怖かったかわからないけれど、勘が働いた?
きた道を引き返すと、めずらしく山の入口に人が。
二人組のおじいちゃんです。
「この先どうなってますか?」と聞くと、
「30年このへんにいるけど、行ったこと無い。左に曲がると農家がある。そこしかいかねーな。ただ、その先は野犬がいるらしいぞ。30年前はもっと山だらけでな。バイクで通りかかると野犬に吠えて追いかけれたよ。」
おおおおおい。ホントかよ。 野犬!?!?!?!
 
野犬っているの?
しかも一応、ここ住所だけでも東京でしょ?
まじかよ。
 
野犬=狂犬病=噛まれたらヨダレ垂らしておわり
むり!!!!!!!
 
今日、数時間前の出来事ですが、久しぶりになんというか、自分の力ではどうにもならないだろう怖いものの存在を知りました。
それにしても、「怖いと感じた理由」の1つに、道中、道を外れた谷にゴミが大量に捨てられているのです。
その朽ち具合がハンパじゃない。車も何台もひっくり返ったり、谷に落ちてたりして、しかもそーとー昔。
この大量のゴミが、なにか負のパワーの集積に感じられて怖かったと思う。
それにしても車とかデカイテレビとか捨てるって、どういうこと?
しかもこの道知ってる人なんて、ごくわずかだろうに。山にこんなにゴミすてておいて、その後を愛に満ちた幸せな人生を送れるとはとても思えないんですけど。
 
山。
色々なルートあるけど、今日行ったルートはちょっと、好奇心半分、怖さ半分で、今後行くかどうか悩み中。
 
 
さて本題いきます

海外向けWebサービス立ち上げるなら、海外のサーバーを選択したほうがいい話

これから外国向けにWebサービスを立ち上げます。
そのためにサーバーをどこにしようか考えました。
どこの国のユーザーがメインになるかまったくわかりませんが、取り敢えず世界どこからでも回線が早い場所にサーバー置いたほうが良さそうです。
となるとやっぱりアメリカ?
日本にサーバーあっても平気でしょ?っていう人もいると思いますが、今どきはWebサイトの表示速度を秒単位で気にする時代です。
早いに越したことはありません。
最近はレンタルサーバーでも、一部ではどこに置いたサーバーを使うか選択できるところもあります。
北海道の石狩よりも、東京にサーバーあったほうが応答速度が早いからですね。
ということであるなら、海外にサーバーがあったら、もっともっと遅くなるということですね。
 

回線の早さを知るために、アメリカ、日本、UKのヤフーにPingを飛ばしてみました

こういう時はとりあえずピングを飛ばして確認してみます。
Ping ピング というのは、パケットと呼ばれるデータを飛ばして、相手のサーバーに到達して戻ってくるまでの時間を教えてくれるものです。
とりあえず 黒い画面(Macならターミナル)を立ち上げて [ ping yahoo.com ] とかやります。
ping yahoo.co.uk  (イギリスのヤフー)
ping yahoo.co.jp     (日本のヤフー)
ping yahoo.com      (アメリカのヤフー)
それぞれの反応速度を見てみました。

まずは日本のヤフー

th_1
最大でも96ミリセコンド
早いと60ミリセコンドと、やはり早いですね。

イギリスのヤフー

ping yahoo.co.uk
応答時間はだいたいこんな感じ 300ミリセコンド以上かかっています。
日本の最大値とイギリスの最大値で比べても、3.5倍の差がありますね。
しかも Request timed out (リクエスト・タイム・アウト)、つまりPingが届きませんでした。なんていうのも出ています。今どき珍しいです。

つぎにアメリカのヤフーです

 
th_3
イギリスよりは早いですが、日本よりは遅いですね。
だいたい日本国内のヤフーよりも100ミリセコンド遅いということになります。
つまり、日本国内よりも遅いということは、それだけ海外向け、特にアメリカ大陸向けには「早い」ということになります。
ということで、レンタルサーバーはアメリカのを使うことにしました。
次回は、実際に借りてみます。
なんか、激安ワードプレス専用サーバーがあったので楽しみです。
 
 

-WordPress
-,

Copyright© ヒバモン , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.